• ホーム
  • 性器ヘルペスにかかったらバルトレックスで早めに対処しましょう!

性器ヘルペスにかかったらバルトレックスで早めに対処しましょう!

悩む男性

バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純ヘルペスだけでなく、帯状疱疹や水疱瘡などにも効果がある治療薬です。ヘルペスで使用される治療薬としては従来であればゾビラックスを使用することが多かったわけですが、最近ではバルトレックスを使用するケースが増えてきています。バルトレックス自体がゾビラックスを改良した治療薬になりますので、とても使い勝手が良くなっていることが特徴的になっています。また、最近ではバルトレックスは通販サイトから購入できる事から、手軽さもあり人気です。

バルトレックスの効果というのは、有効成分であるバラシクロビルが病原体のウイルスの活性化を抑え込むことで実現していると言ってもいいでしょう。性器ヘルペスであれば性器にかかるわけですので、その付近のDNAを複製しながら増殖していきます。増殖することで水ぶくれなどが起きますので、バルトレックスを服用して早めに治療を行うというのが望ましいです。バラシクロビルは腸からの吸収が良く従来の治療に比べて効果が高い傾向にあります。効果が持続し続けることができますので、少ない回数で済むということです。

バルトレックスは従来のゾビラックスを改良した治療薬です。どういう点を改良したのかというと、1日に服用する回数を抑えています。ゾビラックスは性器ヘルペスなどの治療に効果的ではありますが、1日に服用する回数が5回ということで飲み忘れのリスクが高いのがデメリットになります。バルトレックスの場合は1日に服用する回数を2回に抑えることで、服用するのに負担感を抑えることが可能です。薬を飲むのに負担感が軽減できるというのは何よりもメリットに該当します。

性器ヘルペスの治療のためにバルトレックスを服用するのであれば、500mg1錠を1日2回服用してください。短期集中で治療をしていく必要がありますので、服用していくならば5日から10日になります。再発した場合でも5日程度は服用していく必要があります。

性器ヘルペスのような単純ヘルペスの場合は、早期に発見して早期に服用するということが何よりも重要です。症状が確認でき次第服用すると、ウイルスの増殖を防ぐことができて効果的な治療を行うことが可能になります。

性器ヘルペスは再発しやすい病気だということが言えますので、その予兆が見えてきた段階でバルトレックスを服用するのが望ましいです。予兆というのは性器にピリピリという痛みが出たり、局所の違和感が出たりすることを言いますので、それが出てきたタイミングで服用するようにすると治療効果が出やすくなります。

関連記事
エイズとHIVの違いっていったい何?正しい知識を身に付けよう! 2020年08月24日

性感染症で一番重篤な病気と言えばエイズではないでしょうか。ただ、エイズとHIVを混同してしまうという人も多くいて正確な知識を持っていない人も多くいます。ここではエイズとHIVの違いについて知ったうえできちんと対策をするのが望ましいです。従来であれば不治の病という印象があるエイズですが、今は早期発見を...

性感染症の予防方法とは?避妊具の適切な使用が簡単で効果的です 2020年07月15日

性感染症とは性交渉から発症する病気のことを言い、梅毒や淋病、クラミジア、エイズ、性器ヘルペスなどの病気の総称です。男女で性交渉をしたり、風俗に行ったりすることでかかる可能性が出てきますので、注意をしなければいけません。性感染症は特殊な病気のように思えるかもしれませんが、性交渉を行う人にとっては身近に...

梅毒の原因っていったい何?早期発見して早期治療に役立てましょう 2020年06月10日

梅毒という病気は日本においては過去の病気という風に言われがちですが、最近では再び女性を中心として増加傾向にあります。1990年代以降は1,000人以下だったのに対して、2013年から増えてきて2017年は5,770人というように急激に増加してきていますので、十分に注意をしないといけないです。梅毒の患...

クラミジアは予防できる病気です!原因にきちんと対処しましょう 2020年05月11日

クラミジアとはクラミジア・トラコマチスという病原体によって発症する病気です。性交渉が原因で発症し、特に女性の子宮頚管や男性の尿道、喉の粘膜などに感染し、女性がかかる性感染症の中では最も一般的です。感染したとしても無症状であることもありますので、その間に性交渉により他人に感染させるということもあります...

性感染症ってどれくらいの人がかかっているの?日本における感染率をご紹介 2020年04月13日

性交渉を行った時には性感染症にかかる可能性があります。性感染症とは性交渉をきっかけとして発症するもので、クラミジアや淋病、エイズなどが該当します。性交渉をしても自分は性感染症にかからないという風に思いがちですが、パートナー次第では1回のタイミングで発症することすらありますので、油断することはできませ...