• ホーム
  • 性器ヘルペスに効果的な薬は何?ゾビラックスをおすすめします!

性器ヘルペスに効果的な薬は何?ゾビラックスをおすすめします!

頭を抱えている男性

ヘルペス治療において最初に開発された治療薬がゾビラックスに該当します。口唇ヘルペスや性器ヘルペス、角膜ヘルペスに加えて、帯状疱疹や水疱瘡などのようにヘルペスウイルスによって引き起こされる病気に対して高い効果を発揮します。1974年に発売されたから、40年以上も性器ヘルペスをはじめとするヘルペス治療に使用されてきてとても歴史がある薬です。

性器ヘルペスのウイルスはDNAの合成を繰り返しながら増殖して、患部に水ぶくれなどを起こしたりします。そこで、ゾビラックスという治療薬は有効成分のアシクロビルにより、DNAの合成を阻害することで増殖を防ぎます。アシクロビルは何といってもウイルスが活性化するのを防ぐための働きがありますので、性器ヘルペスに対して効果的になるということです。きちんとゾビラックスを使うことによって、早めに各種ヘルペスに対して効果を示すことができます。

性器ヘルペスや口唇ヘルペスなどの単純ヘルペスに対しては、1錠を1日5回服用する必要があります。5回も服用しないといけないとなると負担が大きいですし、飲み忘れが起こる可能性が出てきますが、適切なタイミングで服用するのが望ましいのは言うまでもありません。どのタイミングで服用するのかというと、朝食後や昼食後、夕方、夕食後、就寝前の5回になります。忘れてしまったのであれば、その場で1回服用し通常のサイクルに戻すようにして、複数錠服用することでサイクルを戻すのは止めてください。

比較的重篤化しやすい初期型の性器ヘルペスの場合は5日から10日間ゾビラックスを服用していきます。再発した場合であっても5日から7日程度服用することになります。実際に10日間服用したとしても全く改善が見込まれないのであれば、医師に相談してください。

性器ヘルペスの治療においては早期にゾビラックスを使った投薬治療を行うことがポイントです。あくまで増殖を抑えるための薬になりますので、タイミングが遅れて増殖した後に使用したとしても手遅れになる可能性があります。発病初期のタイミングで病院に行ったり、通販で手に入れたりする必要があります。

ゾビラックスを効果的に使うためには、早めのタイミングで使用するということと、適切なタイミングで服用することの2点です。この2点をしっかりと守ることにより、性器ヘルペスに対して効果を示すことができるとも言えます。性器ヘルペスはとても再発しやすいですので、ゾビラックスを通販などであらかじめ準備しておくのが望ましいです。

関連記事
性器ヘルペスにかかったらバルトレックスで早めに対処しましょう! 2020年03月09日

バルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純ヘルペスだけでなく、帯状疱疹や水疱瘡などにも効果がある治療薬です。ヘルペスで使用される治療薬としては従来であればゾビラックスを使用することが多かったわけですが、最近ではバルトレックスを使用するケースが増えてきています。バルトレックス自体がゾビラック...

クラミジアは予防できる病気です!原因にきちんと対処しましょう 2020年05月11日

クラミジアとはクラミジア・トラコマチスという病原体によって発症する病気です。性交渉が原因で発症し、特に女性の子宮頚管や男性の尿道、喉の粘膜などに感染し、女性がかかる性感染症の中では最も一般的です。感染したとしても無症状であることもありますので、その間に性交渉により他人に感染させるということもあります...

性感染症ってどれくらいの人がかかっているの?日本における感染率をご紹介 2020年04月13日

性交渉を行った時には性感染症にかかる可能性があります。性感染症とは性交渉をきっかけとして発症するもので、クラミジアや淋病、エイズなどが該当します。性交渉をしても自分は性感染症にかからないという風に思いがちですが、パートナー次第では1回のタイミングで発症することすらありますので、油断することはできませ...

ヘルペスと水疱瘡って似ている?その違いについて解説してみます! 2020年03月15日

ヘルペスと水疱瘡は広い意味で言えば同じようなものですが、狭い意味で言えば違うというのが正直なところです。ヘルペスというのは唇や性器に発症する単純ヘルペスウイルスと、帯状疱疹や水疱瘡などの水痘・帯状疱疹ウイルスの2種類に分かれてきます。この2種類のことを広い意味でヘルペスと言いますが、ウイルスの種類や...

オーラルセックスは要注意!口唇ヘルペスにかかるかもしれません 2020年03月12日

セックスを行う時の異性のパートナーを選ぶ時には、性病にかかっていないかどうかということが重視されます。特に女性が性病にかかると妊娠に影響があったりしますし、もうすでに妊娠をしているならば胎児に影響があったりします。特に女性が性病になると困ったことになりますので、十分に気を付ける必要が出てくるでしょう...